2010年10月29日

『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』



※ストーリーはココ(シネマトゥデイ)


うーーーん、すごかった、これ。

映像も役者もストーリーも。
特に物悲しくも美しい旋律の音楽が良かったなぁ。
祖国と息子への愛情、そしてスパイ活動を通してのフランス人技師・ピエールとの奇妙な友情。

1980年代、ソ連を崩壊に導いた実際のスパイ事件「フェアウェル事件」を映画化との事。
フェアウェルというのはKGBのグリゴリエフ大佐(エミール・クストリッツア)のコードネーム。


グリゴリエフ大佐は国の中心部で働くが故に行き詰った国の内情を知り、国の有り方を憂いて、お金等の為ではなく純粋に次世代の息子達の将来を見据えてスパイ活動をするのですね。
このグリゴリエフ大佐役のエミール・クストリッツアの圧倒的な存在感。
眼光鋭く、いかついワシ系の容貌なのですが、哀愁、詩的で繊細な表現力があって。
ちゃっかり愛人がいたりする所もなんだか人間くさくていい。
その愛人、犬を貰うという口実でそ知らぬ顔でグリゴリエフ大佐の家を訪れ、妻と会うのですが。
不倫相手の家、しかもその家でキスするなんちゅー暴挙に出るのにはびびった。
見てる方がハラハラするっちゅーねん。

farewell.jpg


うん、やっぱりシブイ。色気もあるし。
こんなに圧倒的な存在感の役者さん、誰?と思ったらこの人映画監督なんですね。
私は見た事がないですが「アンダーグラウンド」とかの作品を撮っている人らしいです。
こんなに熟成した雰囲気の俳優さん(初主演らしいです)、久々に見た。
私的に◎です。


捕らえられたグリゴリエフ大佐と反抗的だった息子の一瞬の面会が切なくて、一番印象に残りました。2人を分けるシャッターが下りてきてとっさにとったグリゴリエフ大佐の行動。
泣きそう。


誰のか覚えてないんですけれど、詩が効果的に使われていました。
狼=グリゴリエフ大佐・・?
いかつい彼が愛する息子の幼い頃のビデオを見る姿には泣けた。


危機一髪だったピエールと、悲しいグリゴリエフ大佐のラスト。
グリゴリエフ大佐が真っ白な光景の中で見せた表情がなんともいえません。

それにしても。
CIAのアメリカってヤツは・・。


posted by kk at 18:21| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。