2010年05月30日

『あの日、欲望の大地で』




ストーリーはココで(シネマトゥデイ)


見逃してたこの映画。レンタルしました。

ふーーーん、そういうらせん構造なストーリーできたか、という印象。
でもこういう関係ってありえないと言えなくはないよね。

情死した不倫の関係の2人の子供が出会って愛し合ってしまい、そして子供が生まれる。
若かった彼女は育てられない、と生後2日の子供と彼を残して消える。
過去に自分が犯してしまった2つの罪の為かなげやりな感じでゆきずりの関係を繰り返して生きているシルヴィア(シャーリーズ・セロン)。

シルヴィアの心の色の様に身に着けるのはグレーの洋服だけ。
グレー一色の地味〜な洋服なのだけれど、シャーリーズ・セロンの華やかな美貌でシックで洗練された雰囲気。

関係を持つ同僚役でSATCのエイダン役(「マイ・ビック・ファット・ウエディング」にも出てたなー)の俳優さんが。
この人、人柄はイイ印象なんですがイマイチそそられない・・。

シャーリーズ・セロンは私的には特に好みという事もキライという事もなく・・。
『モンスター』での壊れた女性役、そして13キロの増量した姿は圧巻でしたが、今回の役はとにかく暗い・・・。



そして不倫する熟年カップル。
ガンで胸を失くした女性(キム・ベイシンガー)。
どちらかというとシルヴィアより彼女の方に感情移入。
女のサガというか、ああいう殺伐とした田舎でそれなりに家庭がうまくはいっていても、埋められない飢餓感とか、夫から「ゴメン、ダメだ」と関係を拒否されたりする事でこのまま女性として終わっていく事に対するあがきとか絶望感がリアル。

不倫カップルとはいっても彼らは体の関係だけでなくって、ヘタすると少年少女より気持ちが純粋というか。
それだけに余計厄介なんですね。
関係がバレそうになっても、体だけの割り切った関係ではなく気持ちが完全にあるからハイ、サヨナラとはいかない事が不幸の始まり。

男性側の家庭は分からなかったけれど、やっぱり女性と同じ様に恋愛をして男としての自分をもう一度味わいたかったんではなかろうか。
ちょっとソープオペラっぽい雰囲気、ハーレクイン小説(読んだ事ないけど。イメージ的に笑)チックな関係ですな。


でもこの不倫母、すごく分かりやすい。
分かりやすすぎる、行動が。もう典型的メロドラマ系の行動なんですわ。
で、当然思春期でカンのいい娘は母の行動に気づく。

娘も軽く母に罰を与えるつもりでした事が考えの浅はかさゆえにはるかに自分の予想を超えた展開になるんですね。


私は何よりあの寂寥感溢れる、そこにいると人生を諦めたくなる様な雰囲気のあの風景が印象的でした。
ああいう土地には住めない・・・。
寂しくって見てるだけで泣きそうになりました。

posted by kk at 21:39| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151598413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。