2010年03月09日

『シャネル&ストラヴィンスキー』



※ストーリー(cinema cafe netより抜粋)

1913年パリ。ココ・シャネルはカペルという名の裕福な男性に夢中であり、仕事においても多忙を極めていた。一方、イゴール・ストラヴィンスキーは「春の祭典」のリハーサルを行っていた。革新的な不協和音に満ちた曲を作り出すイゴールの創造性は、過激なファッションデザイナーとしてのココの方向性に類似していた。しかし7年後の1920年、ココは意中のカペルを交通事故で亡くし悲しみに暮れる。一方、イゴールはロシア革命後、無一文となりパリに亡命していた。そしてふたりは出会う――。シャネルの全盛期に誕生したNo.5と、その影に隠された宿命を描く真実のドラマ。




本日二本目はコレ。

一言。

アナ・ムグラリスが男前(女前?)すぎです!
スッとした立ち姿、タバコをくわえるサマ、美しい歩き方、しゃがれたハスキーな声、挑発的な視線。
タバコを吸う時に鼻から煙も出してますが不思議とゲッ、と思う印象はありません。

実際のココの姿にかなり忠実なんじゃないでしょうか。

アナ・ムグラリスを初めて見たのはたしか雑誌フィガロ。
その後『NOVO』という映画で記憶をすぐ無くしてしまう男性の恋人役↓を見て、なんてべっぴんさんなのー!と衝撃を受けた記憶が。

NOVO.jpg


硬質で、威厳のある雰囲気で気難しい感じのシャネルを表現。
あの彼女の雰囲気はまさにあの時代に珍しい「自立した女」にぴったり。
アナって綺麗だけれど、元々シャープな感じの男顔だからストラヴィンスキーとのカラミも生々しさはありません。

CHANEL2.jpg



あのトレードマークの様な3連パールネックレスがとにかく素敵。
彼女は歩く姿がとても綺麗。
足さばきが美しいというかエレガントにすっ、すって感じの歩き方。
それだけに、ラスト近くで晩年のシャネルがホテル・リッツの部屋に入る時の立ち姿がショックでした。
あんなにエレガントだった彼女の老い方に・・。

印象に残ったのはメゾンでくわえタバコで作業をするシャネルに従業員が賃金アップを求めるシーン。
ぴしっと跳ねのけるシャネルを見て洋服を作るだけではなく経営者としての面も見えたのですが、なかなか経営者としてもヤリ手だったのかな、と思いました。


CHANEL.jpg



その他印象に残ったのはストラヴィンスキーの妻。
最初にシャネルの別荘に到着してモノトーンで色彩のない部屋をまず温かい色味の布でアレンジする彼女。
子供のいる彼女にとってはシャネルの洗練はされているけれどストイックすぎるモノトーンの部屋は馴染めないものだったのでは。

病弱で弱々しげではあるけれどシャネルの別荘を子供をつれて出る時にシャネル宛に残した手紙の内容。
その文章に彼女のプライドが見えました。
その言葉を読んで庭で妻にストラヴィンスキーとの関係を問われた時には「良心の呵責はない」と平然と言い放ったシャネルは何を思ったのかなと。

ただ、彼女の眉毛ナシの顔はちょっとコワかった・・・。


結局ストラヴィンスキーはその後シャネルとの関係を終わらせて妻の元に帰ったの?
そのあたりがよく分かりませんでしたが、重厚な音楽、紫煙の立ちこめる退廃的なパリの雰囲気、なによりシャネルの美しさが楽しめた映画でした.






posted by kk at 19:36| 兵庫 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kkさん、こんばんは!
これはアナの存在感と、ドレス・アクセサリーから
あのインテリア、とびっきり美しい大道具・小道具で
魅せる映画だな・・・と思いました。
正直、ストーリーは単なる一夏(?)の不倫っぽいけど、
音楽家とデザイナーということで、セレブならではの
パワフルさでぐいぐいとあのスクリーンに引き込みますよね。
その”NOVO”私もずっと見たいと思ってる映画
なんですが、そこでもアナはいいんですね〜。
私は相手役のエドゥアルド・ノリエガが好きなので、
いつか見てみたいのです〜。
Posted by acine at 2010年03月16日 20:36
acineさん、こんばんはー☆

そうですね、正直ストーリー自体はそれほど、って感じでしたけれどインテリアとか衣装の美しさ、あとはやっぱりアナの存在感を堪能する映画でしたね。
どうでもいいんですけど、ストラヴィンスキーとのカラミ(まだ言うか笑)がもう生身の人間同士ではなく、絵画とかの雰囲気でアラーキーとかの実用レベルとは対極だわぁ〜としょうもない事を考えていました笑

NOVOのアナは生粋のパリジェンヌ、って雰囲気が出てて綺麗キュートって感じで素敵ですよ!
彼女は男顔なのでロングヘアの方がいい感じ。

エドゥアルド・ノリエガって私あまり馴染みがないのですがオススメの彼の代表作ってありますか?
Posted by kk at 2010年03月16日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY シャネル&ストラヴィンスキー ’09...
Excerpt: 去年から公開されてる シャネル映画の真打登場!  という予想にピッタリな映画でした 詳しく:東京美術通信 何と言っても パリ おフランス  ヨーロッパならではの エスプリ 重厚感たっぷり..
Weblog: Mi cinema log
Tracked: 2010-03-16 20:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。