2010年04月24日

『サブウェイ123激突』



※ストーリーはココで(シネマトゥデイ)

1974年の「サブウェイパニック」のリメイクとの事だそうですが、リメイク元の映画を見ていないので単純に私は面白かったです。
「サブウェイパニック」を観た人は辛口の感想らしいですが。

出だしのNYの街の風景から引き込まれましたね。

SATCはテーマ自体が違うのでNYのゴージャスな部分だけを見せていますが、こういうのを観ると私の印象ではやっぱり生きるのにタフさが必要な街って感じ。
銃と犯罪が身近にあるというか。

ライダー役のジョン・トラボルタ。
彼は私の中では空高く指さしたキメポーズの人(サタデーナイトフィーバー)位の認識しかなかったのであんまりじっくり見た事なかったんですが。もう登場した瞬間から悪のオーラ全開じゃありませんか。
話の後半で元証券マンと判明しますが、あの首のタトゥーはもちろん退職後に入れたんでしょうね?
交渉の途中にテンション切れ気味に激高する姿がコワかったよー。


冷静なガーバー役のデンゼル・ワシントン。
彼を見るのは「アメリカンギャングスター」以来です。
子供がいて、毎日職場に行って、という普通の男を演じる為にかなり増量したとの事。お腹と後姿のお尻周りがとっても貫禄ありましたわ。
「アメリカン〜」の時はマッチ棒みたいにスラーとしてましたけど、この増量したデンゼルはまさにNYの街のそのへんにいそう。
でもやっぱりキラキラのオメメとキレイな歯の男前ですね〜黒ハート

印象に残ったのが、出だし車両を乗っ取られて銃を犯人に突きつけられたり極限状態なのに人質を冷静に助け出す車掌(?)のレジーナ。
この気丈さはスゴイ。でもとってもリアルにNYにはいそう、こういう人。

交渉の最中でガーバーがワイロを受け取った事を告白するシーン。
これ交渉の為に嘘を言ったのかなーと思ってましたがどうやら本当?

後半現金を直接届ける事になったガーバーが妻に電話するシーン。
帰りに牛乳を買ってきて、と頼む奥さん。
必ず生きて帰ってきて、と言いたいんですよね。


印象としてこの犯人(ライダー)よくこんなにベラベラしゃべるなー、と思った。いくら頭がキレるとはいえしゃべればしゃべる程自分の素性のヒントを与えるんだからさ。
それと何故ガーバーにそこまで勝手に親近感を持って気に入ったのかいまいち良く分かりません。
頭の回転が良くって会話上手な所がツボなんでしょうか。
ラストも警察に殺されるよりは、ガーバーに撃たれて死にたいと。


なんだか吉田秋生さんの名作漫画「バナナ・フィッシュ」の地下鉄ガンファイトを思い出しました。
リバー・フェニックスが生きてたら絶対アッシュ役をやって欲しかったなー。
posted by kk at 17:16| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

『カラヴァッジョ』




ストーリーはココで(シネマトゥデイ)


大満足でした。
正直気にはなるもののそれ程見たい!と切望していた訳ではなかったのですが。

久々にヨーロッパ物を見るとその映像美にうっとり。
テーマが「光と影」という事でしたが、まさにラストまで黄金色というか、蜂蜜色というか美しい光彩がベースにあって、闇の部分とのコントラストが素晴らしかった。

16世紀のイタリアの生活、服装、建築物の様子が興味深かったです。
当時の娼婦の服装って本当にあんなにあけっぴろげなんだろうか・・?
(トップスは着てるけれど、胸だけはだけてるって格好)
カラヴァッジョとラヌッチョがテニスで勝負だ!ってシーンで手をラケット代わりにして試合してたり。

一見それ程違和感を感じる生活ぶり、服装ではないのだけれど、あぁやっぱり16世紀なんだなーと感じたのが罪を犯したり、自分の信念を口にした事で残酷な方法で公開処刑されるシーン。

ギロチンでもなく、ナタの様な刃物で斬首されその首を集まった野次馬に高々と見せてみたり、火炙りにしてみたり。
私はどっちもイヤだけれど、死ぬなら火炙りは避けたい・・・。
だって一瞬で終わる苦しみじゃないじゃん。

結構痛いシーンもあり。
あぁ、この人達肉食人種だわーと思ったのが出だしで背中ざっくりいっちゃった男が麻酔ナシでざくざく縫われてんのに、ギャーとか吼えながらも会話をするシーン。


カラヴァッジョ。

芸術家って狂気を内包してる人が多いという印象がありますが、彼は狂気というより激情型で破滅に至った、というイメージが。
絵画に対するパッションを私生活でもダダ漏れする勢いで次々に自分を追い込んでいっちゃた人なんだなーーという感想を持ちました。
この性格の人が剣を持ち歩くと面倒な事になるのは必至ですねぇ。


caravaggio.jpg



カラヴァッジョ役のアレッシオ・ボーニ。
男前ではないですが、芸術家っていう線の細いイメージは微塵もなくガッチリ体格のいい肉食系。
鬼気迫る目ジカラが印象的でした。
いつも薄汚れてるのだけれど無造作に着たゆったりした白のトップスが色っぽかったな〜
私はやっぱりヒゲあり、無造作スタイルの男っぽい人が好みの様です。
ちなみにカラヴァッジョの仲間のオノリオ役の人も好みでした黒ハート

騎士団の服装って本当に魅力的。
顔はそれ程、って印象でも背が高くってあの服装だとちょっと萌え黒ハート
イタリア男ってああいう感じの服を着ると5割増位素敵に見える。
宝石みたいな色の瞳も印象的。


女性ではちらっとしか出てなかったけれどベアトリーチェ役の女優さん(名前不明)が綺麗だなーと釘付け。


caravaggio1.jpg



貴族の衣装。
派手派手しいゴテゴテゴージャスな感じではなく、デザインは凝ってるけれど全体的に渋い色味のドレスとアクセサリー。
娼婦でさえも知性的な美しさを漂わせていました。

そして圧巻の絵画。
モデルと絵画を見比べて「これじゃない。この肌の艶や美しさが表現できないんだ」てな意味の事を言っていたのが印象に残りました。
彼が光彩にこだわっている事が何度も映画の最中で表現されていました。

パトロンのデル・モンテ枢機卿の宮殿に初めて足を踏み入れたシーンで
一番日当たりのいい部屋だ、と言われた矢先から窓を調節して部屋に入る光の加減を調整して満足するシーン。

自分のボロ家に戻って屋根を剥がして光のコントラストを作るシーン。

そしてマルタでの地下牢のシーン。


波乱万丈というか自分で波乱を引き寄せてるって印象のカラヴァッジョでしたが、38歳という短い人生を自分の表現したい絵をおもいっきり描いて、短かかったものの愛する人と心を交わして、太く燃焼できた人生だったんでしょうか。
でもラストの印象だともっともっと表現したいという情熱を秘めながら無念で死んでいったんだろうなーー。

posted by kk at 21:58| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。